hoshimiの世界


by hoshimi3738
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:カンボジア ( 14 ) タグの人気記事

カンボジア9

カンボジアの結婚式
遺跡散策の道すがら、大音響の音楽が流れてきます、ほとんどが結婚式。
これはかなり田舎での結婚式レポートです。
b0040118_22433421.jpg

親戚なのか近在の方なのか 大勢で食事の準備
b0040118_22445973.jpg

b0040118_22453420.jpg

一緒に参加しないかと誘われましたが、時間が無く・・遺跡よりこちらのほうが面白いかもと考えましたが・・遠慮してしまいました。
そこへ花嫁さん登場  バイクにボストンバック2個のお荷物
お幸せに!
b0040118_2254297.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-24 22:43 | Comments(0)

クーメル伝統織物研究所

シュムリアップ市の、クメール伝統織物研究所を訪れました。
ここは カンボジア伝統の絹織物 クメール織りを復興させようと、日本人の森本さんが立ち上げた研究所。
繭から糸を作り 染色 織りと、すべての工程の復興の為の指導を行ってます。
b0040118_22375630.jpg

b0040118_22381737.jpg

b0040118_22383651.jpg

運良く 森本さんにお会いできまして、貴重なお話をうかがうことができました。 すばらしい織物の伝統を守り、経済的に貧しい カンボジアでの産業として育成する夢など聞かせていただきました。 激しい内戦の被害者 婦女子の生活の安定、これも森本さんの願いなのです。情熱的な森本さんのお話に、引き込まれてしまいました。 当然 焼き物の話にもなりました、現地の土を使った 生活用具を作りたいと・・。現地もプラスチックの洪水なのです。多くの友人のアドバイスをいただき、できるかぎりのお手伝いができたらと、考えております。
b0040118_22551674.jpg

森本さん 貴重なお話を 有難うございました!
[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-15 22:38 | Comments(0)

カンボジア 8

カンボジアの陶芸 民具の話題
東南アジア各国はどこも同じで、長く愛用されてきた土物民具は市場の片隅に置かれてます。それに代わって 大量のプラスティク製品があふれてます。 陶器を見つけるのは至難の技・・それでも陶芸家 必死で市場調査。 五徳付きの竈 日本のアウトドアライフにいかがですか。
b0040118_22282823.jpg

磨きこんだ素焼きの作品 貯金箱なのでしょうか?
b0040118_2231229.jpg

これを最初に見つけたときは 何に使われるのかと・・・。
b0040118_22332048.jpg

後日 マーケットで判明  たこ焼きの様な物でした。
b0040118_22355449.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-11 22:31 | Comments(2)

カンボジア 7

シュムリアップから40Kmの遺跡 ペンメリア早朝5時に出発 壮大な朝日を見ながら 得意の三輪車トゥクトゥクの旅
片道2時間以上 カンボジアの農村風景を見ることができました。
b0040118_21113036.jpg

ペンメリアは中心遺跡から離れ、未整備であるからか 見学者もほとんど無く 静寂。 修復以前の遺跡の状態を見ることができます。
しかし 案内板・ルートも無く呆然 しかし暇な遺跡警察官が案内してくれました。 ジャングル状態の遺跡をお楽しみください。
b0040118_2122359.jpg

b0040118_21222515.jpg

b0040118_21224653.jpg

b0040118_21232440.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-10 21:22 | Comments(0)

カンボジア6

私の大好きな場所 市民市場 その国の庶民の生活を見ることができます。 シュムリアップの市場 オールドマーケット(市街地にあり小さな市場)
野菜・果物・肉・魚と沢山の新鮮な食材があふれてました。
b0040118_2230964.jpg

b0040118_22302897.jpg

b0040118_22304874.jpg

b0040118_2231767.jpg

仏教徒の国 ハスの花も沢山売られてます。
b0040118_22335464.jpg

混雑した市場の食堂での昼食 目の前で調理してくれるスタイル あまりにもリアルで・・貴重な体験でした。
b0040118_22385756.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-09 22:39 | Comments(2)

カンボジア 5

 地雷博物館  アキーラーさんが館長の展示施設
b0040118_22271461.jpg

私の旅のアドバイザー 神長さんからも この施設には必ず行くように、そして募金をするようにとの助言がありました。 
b0040118_22331346.jpg

展示館では カンボジアでの地雷の現状説明 その悲惨な被害者の写真なども展示されてました。戦争に無関係の 農民や子供たちがその被害者なのです。
b0040118_22412626.jpg

展示物の地雷の前で 豚さんが居眠りをしていました。
貧しいけれど 今の平和がけどありがたいと 多数のカンボジアの方が口にしてました。しかし 多数の地雷が残ってます・・。
b0040118_22455281.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-07 22:48 | Comments(0)

カンボジア 4

貧乏旅行 いや貧乏人旅行者の毎日の食事は、カンボジアの皆さんに混じって 露天でいただくことになります。
b0040118_22312846.jpg

                      幸いにも現地食堂のお味 中国料理の影響なのか 日本の中華料理のようで メニューも簡単でした。
b0040118_2216521.jpg

そしてお値段 すべての単品料理がどこの店に行っても 1ドル。
ジュース・ビール・あらゆるものが1ドルに設定されてます。
日本であらかじめ情報を得ていましたので、1ドル札を2センチの厚みで持っていきました。財布に収まらず 急に大金持ちになった気分 錯覚・・。しかしこの1ドル札で大活躍でした。
b0040118_22241663.jpg

食後の街歩きで 面白いお店を発見しました。
お店の名前  生活良品 商品は日本のコンビのような品揃え、日本人の観光客がご利用になるのでしょうか。
b0040118_22262399.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-06 22:30 | Comments(4)

カンボジア3

初日の午後は 最大の遺跡 アンコールワット
西参堂入り口にて 環濠の広さは1500M×1300M(東西・南北)
この参道は上智大学の指導で修復中
b0040118_22303778.jpg

長い参道を歩き 西塔門をくぐると中央部がやっと見ることができます。
b0040118_22362346.jpg

中央部は壮大な遺跡 あまりの豪華な彫刻・石積みに圧倒されました。
中央部の塔に登る階段 かなりの急勾配 そして暑さ・・。
b0040118_2240434.jpg

この遺跡に残されたいたずら書き、しかし貴重ないたずら書きです。
1715年 江戸時代に幕府から派遣された島野兼了(長崎通詞)が遺跡の壁に書き残したもの(墨書)。驚くことに 島野の描いた図が 水戸の彰考館に保存されてるとの事、是非見たいものです。
b0040118_2251743.jpg

中央の塔の写真
b0040118_22533338.jpg

近隣の遺跡群を7日間フリーで入場できるパスを購入 40ドルでした。
[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-05 22:36 | Comments(0)

カンボジア2

しばらくフィリピンの旅を掲載してきましたが、カンボジアの旅に戻ります。
カンボジアでの基地はシュムリアップ 7日間滞在する計画でした。
街の様子・安全・移動などの情報を得るために、初日のみガイドさんをお願いしました。彼から情報を得ることができ、次の日からは一人旅。
b0040118_2240246.jpg

そしてアンコールワットとトムを案内してもらいました。
今日はアンコールトムの写真をお楽しみください。
b0040118_2242158.jpg

b0040118_2243358.jpg

b0040118_22434381.jpg

b0040118_2244340.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2007-04-04 22:43 | Comments(0)

カンボジア旅行記 1

昨日 お蔭様で無事帰国いたしました。現地で沢山の方と出会いがあり、荘厳な遺跡を堪能することが出来ました。今日から連載を掲載いたします。
成田からベトナム航空で一路ハノイへ
b0040118_2136565.jpg

カンボジア航空の機内食
b0040118_2137501.jpg

ハノイにてトランジット  カンボジアのシュリムアップまでのフライト
b0040118_2140612.jpg

飛行時間は1時間30分ぐらい デザートのサービス
ボックスがレトロで持ち帰りたかったのですが、旅のスタートであり我慢
b0040118_21443212.jpg

b0040118_21445855.jpg

真新しいカンボジア シュリムアップ空港に到着
明日からは 憧れのアンコールワット
[PR]
by hoshimi3738 | 2007-03-02 21:50 | Comments(2)