hoshimiの世界


by hoshimi3738
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スリランカ

いよいよアヌラーダブラの登場です
遺跡群の中心にそびえる ルワンウェリ サーヤ大塔
b0040118_21575749.jpg

現在の高さは55メートル 町中からその姿を見ることが出来ます。
大塔の入り口は ゾウのさんのパレード
b0040118_2213659.jpg

b0040118_222962.jpg

大塔の雄姿 小さなカメラにはつらい被写体
b0040118_2265773.jpg

b0040118_2272681.jpg

ここも 壮大な遺跡でもありますが かつ庶民の祈りの場 ハスの花が捧げられます
b0040118_22113078.jpg

b0040118_22121445.jpg

境内での遺跡の発掘風景 国宝クラスの発掘現場なのですが、
かなり おおらかな様子 建築現場の基礎工事かと・・・かなり長時間見せていただきました。
b0040118_22191630.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-29 22:22 | Comments(2)

スリランカ

10世紀の仏教遺跡の町 ポロンナルワ
ポロンナルワ博物館 ここでは押し売りガイドも存在せず、要所にきちんとした監視員を配置されていた。したがって内緒でカメラのシャツターも不可であった。
b0040118_2229298.jpg

ここも広い遺跡 チャターした三輪車が遺跡内を走り回り短時間で見ることが出来た。
b0040118_22312132.jpg

この巨大な石は 歴史を刻み込んだ物
b0040118_22324755.jpg

レンガ作りのビィハーラ 高さ50メートル 幅50メートル
b0040118_2236153.jpg

遺跡のモニュメント
b0040118_22371622.jpg
b0040118_2237454.jpg
[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-22 22:39 | Comments(0)

スリランカ

スリランカ シーギリヤ付近の村
日本と同じように ひき売り(車であるが)の魚屋さん 冷凍設備・氷も無く
30度の気温 魚さんもほとんどグロッキー
b0040118_22542285.jpg

同じ場所の八百屋さん ほとんどが曲がったり・不揃いな野菜さん
ナスはどこの地区でも長なナスが主流です。この種を持ち帰り、畑に植えました。
b0040118_2257228.jpg

この部落の 仏教学校
b0040118_22582179.jpg

屋外の教室では 黄色の僧衣の生徒さんが真剣に勉強中
b0040118_2314733.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-19 23:03 | Comments(0)

スリランカ

シーギリヤのゲストハウス 安宿ですが、スリランカではどこにでもある便利なお宿。
ここは 3部屋のみのゲストハウス 夜はオーナーとの会話が楽しみです。そして 一泊2食付800円ぐらいです。
世界各国の旅人は、このゲストハウスを長期利用しています。
b0040118_22454025.jpg

日本製の耕運機 この国では沢山見られます。英語の名前を聞くと、あれはヤンマーとの返事。クボタももちろん沢山走ってます。
b0040118_22482070.jpg

どこのゲストハウスでもいただけるコーヒー、大きなポットで出されます。
カップ1杯では物足りない私 これはとてもありがたかったです。
b0040118_22505138.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-14 22:53 | Comments(0)

スリランカ

いよいよ 憧れのシーギリヤに到着 巨大なテーブル状の山
b0040118_2139994.jpg
  
文化トラアングル地区(アヌラーダブラ・ボロンナウラ・キャンディー)の観光チケットを購入
b0040118_21445445.jpg

多くの外人観光客と、かなりの数の地元の学生さん、修学旅行なのでしょうか。さすが人気スポット
b0040118_21485427.jpg

ご覧のように ほとんど絶壁に近い 階段というより梯子登り。
b0040118_2157452.jpg

ちょうど中腹にある有名なフレスコ画 1875年イギリス人により発見された。          彼は望遠鏡でこの山を見ていて、偶然この絵を発見する。そしてこの山頂に、巨大な王宮の存在が確認される。
b0040118_22252185.jpg

登山の途中 ドイツ人の娘さんお二人からボディーガードを頼まれました。へとへとで弱々しい人間が、どうしてと・・それは現地の物売り・ニセガイドから守るのがお役目。
実情はバテ気味の私のペースに付き合ってくれ、なおかつ励ましてくれる結果に・・・
約1時間にて頂上に到着。
b0040118_22143236.jpg
 
360度の展望 この頂上にどのようにして王宮を建設したのか。
b0040118_22163747.jpg

この急勾配 下山もかなりきつかったですが ドイツ人との会話が何よりでした。
b0040118_22193581.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-10 22:22 | Comments(0)

スリランカ

ダンブッラ寺院内、ここでも焼付ける石畳を素足でお参り
b0040118_21505773.jpg

下山の風景 巨石の多い山頂 あまり日陰もありません
b0040118_2152508.jpg

昼食は当然カレー ご覧のような豪華なテーブル。魚・肉・野菜・果物 それぞれ違った味付けでした。 御当地の方は、何種類かをお米とブレンドして・・もちろん手で混ぜ合わせて、
器用に手いただきます。 私は 一つ一つの味を楽しみながらいただきました。
b0040118_2201222.jpg

この満足した表情!当今の表現で マイウー・・
b0040118_2232838.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-09 22:04 | Comments(0)

スリランカ

タンブッラ黄金大仏
見上げるような黄金の大仏様 ここがタンブッラ石窟寺院の入り口
b0040118_22473822.jpg

この大仏さんの横の山道を登ると石窟寺院、私はお抱え三輪車で中腹までドライブ 
しかし それからが大汗をかいての登山 この暑さはこたえてしまう。
b0040118_2255101.jpg

タンブッタ石窟寺院 5つの石窟に沢山の仏様 大きな枕の寝釈迦様 
b0040118_22574667.jpg

入り口から私の横から離れない管理人 無視しても説明を繰り返す、そして
最後には 誰もいない所でしっかりとガイド料金を要求する。
あいにく小銭しか所持せず、それを手渡すと 最初は拒否するが結局受け取る。
このような経験は、スリランカで何度も経験する。
b0040118_235285.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-08 23:07 | Comments(0)

グラッパ

長野県の玉村豊男さんのワイナリー作のグラッパを頂戴しました。
グラッパはブドウの絞りかすを蒸留した酒、アルコール45% すごいです。
2004年作で限定400本のNo174
グラスは専用のグラスを、エスポア加藤さんにてゲットしました。
b0040118_23192794.jpg

庭の花です 沖縄のシークワーサが開花しました。
b0040118_23214595.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-07 23:22 | Comments(0)

スリランカ

ナーランダの遺跡
セイロン島のほぼ中心にあるこの遺跡、1000年前にどのような方法で、中心を探し出したのか
興味深い。
b0040118_2305723.jpg

この遺跡は取り付け道も狭く、観光客がほとんど訪れない穴場である。
b0040118_2325870.jpg

スリランカでは神聖な場所、お寺・宗教関連遺跡のすべてに入場する時、
必ず脱帽、素足で入ることになります。
狭い遺跡ではあまり苦になりませんでしたが、広い境内のお寺などでは、
30度の気温のスリランカ、 まるで夏の海岸を歩くがごとくでした。
それでも室内は心地よく、日本のお寺も見習ったらと思ったりしました。
b0040118_2382751.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-06 23:09 | Comments(0)

畑仕事 

土日と畑仕事 いや畑遊び・・・。
リンゴの花が咲き小さな実が沢山、枝がしなりそうです。
b0040118_2220176.jpg

ブドウの花も咲き、小さな実が沢山・・・今年はぶどう酒になりそうです。
b0040118_2223325.jpg

栃木の畑 藤岡町赤麻は渡良瀬遊水地の隣接地
渡良瀬遊水地はバルーンのメッカ、朝早くから沢山の気球が空中散歩
スリランカから持ち帰ったナス・ゴーヤを定植しました。
b0040118_22282314.jpg

[PR]
by hoshimi3738 | 2006-06-04 22:28 | Comments(0)